高知県で就業規則作成・給与計算・社会保険手続・勤怠管理のクラウド化・助成金申請・企業体制の見直しは濵渦社会保険労務士事務所へご相談ください!

就業規則作成・変更

「就業規則」とは、簡単に言うと会社のルールブックです。

労働者の数が常時10人以上いれば就業規則を作成し、労働基準監督署に届け出る義務があります。仮に、従業員数が10人未満であったとしても、組織のルールを守るためには作成しておくべきと考えます。

また毎年のように法改正がありますが、古い就業規則のままでは、従業員とトラブルがあった際に、リスクがあります。就業規則は作成すること自体も重要ですが、それ以上に重要だと感じることは、その内容、意味を経営者や人事労務の担当者が理解していることだと思います。

就業規則はトラブルが発生した際や従業員の方からの質問があった際に改めて内容を確認するケースが多いです。その際、自社に規定されている就業規則の条文の意味が良くわからないという状態では、トラブルを悪化させたり、従業員の方の信頼を失うことに繋がりかねません。

日々の運用でお困りにならないように、当事務所ではご提案時に丁寧に解説を加えながら進めさせていただくことをお約束いたします。

 就業規則作成のメリット

・万が一従業員の方とトラブルが発生した際も会社を守る手助けとなる

・曖昧になっている社内のルールが明確になる

・就業規則を作成することで、各種助成金への対応が可能になる

・経営者の想いを込めた就業規則の作成により、経営理念や経営方針の共有ができる

・社会変化に適した勤務体制や法律を上回る休暇制度等を導入し、従業員が働きやすい職場環境を整えることで業績アップにつながり、新規採用が行いやすくなる

 

就業規則作成までの流れ

  • STEP1

    ヒアリングを実施
    現行の就業規則、運用ルール等、事業所の現状を把握します。改善点、法改正対応などを確認、今後の従業員の年齢層などを勘案し、方向性を双方で確認します。
  • STEP2

    当事務所にて作成
    ヒアリングさせて頂いた内容を基に、就業規則案を作成させて頂きます。
  • STEP3

    打合せ
    就業規則案を基に、内容の確認。業界の動向なども参考にし、ルールの再確認。法律の趣旨や、条文に関して具体例などを詳しくご説明させて頂きます。
  • STEP4

    修正
    打合せの内容を基に、再度修正をしていきます。これを重ねていき、就業規則が完成となります。誤字脱字の最終確認をします。
  • STEP5

    印刷・労働基準監督署への届け出
    従業員からの意見書と共に、労働基準監督署への届出をします。
  • STEP6

    納品
    事業所保管分とスタッフ閲覧用の就業規則を納品させて頂きます。運用面で分からないことがあれば、いつでも対応は可能です。従業員向けの説明会もご希望に応じてさせて頂きます。

 

>「人を大切にする企業」を支える

「人を大切にする企業」を支える

近年の社会環境の変化や、労働者の仕事に対する意識の変化、働き方の多様化など従来の体制では対応できず企業ごとに独自の体制づくりをする必要があります。また助成金・補助金を利用し、既存の業務をシステム化する事で業務の効率化を図ることができます。企業体制の見直しや業務のシステム化は当事務所へご相談ください。